SHIINBLOG

 

ユーロエッセンス

若 い 日 々 の 言 語 を つ づ る ブ ロ グ

数学嫌いが出来上がるまで

 突然だが皆さんは数学お好きだろうか、私は大嫌いである。

以前、数学が好きになる!みたいなうたい文句の本を何冊か読んだ事もあったが、載っていたピタゴラスの定理やネイピアの常用対数はビジュアル的には美しい、しかし数学嫌いの自分にとっては「何故そんなよけいなもの作ってしまったんだよ」と思ってしまう始末。横暴ですね。

 

如何にして数学嫌いの人間が出来上がるか

 小学生から中学生になると「算数」が突如として「数学」という教科名になる。

その時の印象として、これからついていけるのかという不安しかなかった、その前の小学六年生の時点で多少突っかかりがあったからだ。そして私はそれを放っておいたままにしていた。

 

 そうして幕をあけた中学数学だったが最初の内はなんの問題もなく進めることができた。しかしうまくはいかない人生、ふとした突っかかりができてしまい、そこでゆきずまってしまう。

分からないからいいやとほったらかしにしていくにつれ分かる事より分からない事が多くなってゆく。これは今現在まで引きずるという結果に、、、そして数学嫌いが誕生してしまったわけだ。

 

一つの要因

 私が本格的に数学というものが嫌で嫌で仕方なくなったのは中学生からだが、分からない事を分からないままにしていた他にもう一つ要因があった。それは教える人、教師の存在。

私の中学校は指導が厳しかったのだが、その中でも数学の先生がもうそれはたいそう恐ろしい存在だった。滅茶苦茶怖かった。今になって思うが数学のセンスとやらは確かなものを持っていた人物だと思う。

 

 問題を間違えたりしたら怒りに任せたような説教ではなく、精神的にくる説教をされるのが嫌で頑張って問題を解くようになった、、、ならよかったが実際はやろうにも分からない事が多すぎて新しい所も分からなくなる負のスパイラルに陥ってしまった。

クラスの皆の前で先生が言った問題に答えられなく、起立したまま怒鳴られ「お前は数学やらなくていい」と言われてしまったのが今でもトラウマである。

 

まとめ

数学にとどまらず誰しも自分の不得意なものというのは何かしらの突っかかりがあり、それを改善しないまま理解したつもりでいるのが原因なのだろう。逆に言えばその突っかかりを取り払うことができればよいのだ。

 

そうだ!なんでもやらなくては始まらないんだ!自分の可能性の限界を勝手に決めてしまうことはないんだ!

 

真面目な話になっちゃった、今日はおしまい。

 

 

 

広告を非表示にする